今回の坐骨神経痛の患者様は、手の緊張が原因だった

 

坐骨神経痛の原因が手の緊張?

e59d90e9aaa8e7a59ee7b58c

この5年前から足のしびれがあり、整形外科では椎間板ヘルニアと診断されていました。

右足の痺れが臀部から足先まである状態。

有名な整形外科や近隣の整体にもいろいろ通ったが、痛みはなくならなかった。

このままだと2月に手術予定

このままだと、2月には手術をするように言われているが、手術はなんとか避けたいと当院にお越しになられました。

座骨神経痛の手術の成功率をきいてびっくりのお話

坐骨神経痛の手術は、手技絵療法で改善出来ず、痛みが酷い状態であれば考えてもいいかもしれません。

しかし、手術をする前に知っておいてほしいことがあります。

こちらもお読みください。

坐骨神経痛手術をする前にしっておいてほしい5つの事

酷い坐骨神経痛が手術をしなくても改善しているケースも有ることを知っておいて欲しいのです。

この方も酷い骨盤の歪み

いろいろな施術院にいかれたそうですが、どんなところにいかれたのか正直存じ上げませんが、この骨盤の歪みはまず患者様に一番に伝えてほしい重要なことです。

この歪みがあるせいで、さらに様々な坐骨神経痛を生み出す要因を作ってしまいます。

IMG_0044

梨状筋症候群と呼ばれるものはあまり関係ない??

もちろん臀筋の緊張もあるのだが、最近は梨状筋では無いある部分をゆるめることで、酷い坐骨神経痛が消失している。

この方もそうで、今までに他の施術院でこの部位を調整してもらうことはなかったそうで、緩めていくうちに酷い痛みがなくなった。

臀部から膝までの痛みはここで消失。

さらに膝から下は別の部位を調整。

1回目の施術で、酷い痛みは、痛みレベル10→0へ ほとんど無い

当院での施術は、椎間板ヘルニアを治す施術ではありません。

あくまでも弛めるのは筋肉。

この方の痛みが減少している背景には、椎間板ヘルニアが今回の痛みをだしているわけではなさそうです。

なので、早まって手術をすることでかえってその後の施術に手術をしたことが仇になることがあります。

ふくらはぎへのつっぱり感が残ったものの、臀部から太ももにかけての痛みは消えました。

しかし次の日には痛みが戻っていた

次の日に連絡があり、痛みが再発していた。

何かを見逃している可能性がありました。

腰から下の緊張は未だ強く、念入りに緊張を解き、帰りには痛みが消失。安心は出来ないので、又連絡をもらうことにしていた。

次の日も痛みが戻っていた

この方の仕事内容や日頃の姿勢を再度考えなおした。

手をよく使う仕事をされていたこともあって腕や手のひらも日頃酷使していた。

深い椅子に座った時に痛みがすぐ戻る事がわかり、痛みが無くなったあとも直ぐに痛みが再発する状態を再現できた。

 

そこで、腕の緊張を緩めると・・・痛みが消失。

ベットに戻り念入りに腕をゆるめて再検査。

痛みは出て来なかった。

KYTを学んで筋肉や筋膜の連鎖で遠い部位を調整して痛みを消失させる事は毎日起きていますが、手の緊張でここまで明確に坐骨神経痛が消失するのには正直びっくり。

痛い部分だけをみていたら本当に治らないと痛感

 

 

❏初めての方はこちらを御覧ください

topbana1

ご予約はこちら

お電話でのご予約

❏当院は予約制です。
❏施術中はお電話に出れませんので留守番電話にメッセージをお願いします。

LINEでのご予約お問い合わせ

❏LINEでのお問いわせは24時間対応しております!

お問い合わせフォームからご予約お問い合わせ

❏メールでも24時間お問い合わせ可能です!

お店の場所はこちら

❏お店の場所はこちらを御覧ください! MAPLOGO

施術料金はこちら

当院では保険は使えません。実費治療となります。 「健康保険が使えるマッサージ店」をお探しでしたら他をあたって下さい。

参考になりましたらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

井上 和憲

香川県三豊市ゆったり整体院フィールの院長をしています井上です。どこでも改善しない腰痛や肩こり、坐骨神経痛、スポーツ障害、身体の様々な症状の改善専門の整体院です。無痛の骨盤調整とKen Yamamotoテクニック、定電流治療器を中心とした バキボキしない身体に優しいゆったりとした整体で、痛みが再発しにくい 健康的な身体に生まれ変わりませんか?