うつ鬱、更年期障害の人は驚くほど呼吸が浅い

 

メンタル系でお悩みの方のほとんどが

当院にこられる方の主訴ではありませんが、慢性的な疲労、精神的な疲れで【抗うつ薬】【安定薬】を服用されておられ、心療内科で鬱うつや、更年期障害と診断されておられる方がいます。

それらの方の多くが共通して

非常に呼吸が浅いです。

呼吸に関わる筋肉は?

in

・正常安静呼吸
吸気:主に横隔膜、また外肋間筋も使用
呼気:筋肉を用いず、伸展された肺の受動的反跳(ふくらんだ肺が自然にもとに戻ろうとする力)

・努力呼吸(意識した呼吸)
吸気:胸鎖乳突筋、斜角筋
呼気:内肋間筋、腹直筋、内腹斜筋、外腹斜筋、腹横筋

『wikipedia 呼吸筋』参照

これらの呼吸筋の上の層に前鋸筋や大胸筋が重なっています。

胸に手をおいて呼吸をしてみてください。

吸気と同時に肺・胸・肋骨が膨らむのがわかります。

img_0 DSC_1379

押すと痛みを感じる前鋸筋や大胸筋が強張り短縮することで、呼吸筋もあわせて収縮した状態になり吸気時、本来大きく膨らむはずの肺・胸・肋骨がギュッと締め付けられた状態になり、自然と吸えるはずの酸素量も少なくなる。

呼吸が浅い状態になってしまうのです。

姿勢も原因

上記の呼吸に関連する筋肉をこわばらせる原因が1つに姿勢の悪さです。

こちらが本当の猫背

7454

 

身体に不調がある方ほど、姿勢が悪く背中を丸め、肺を押しつぶしているかのような状態になっているのです。

コレでは、更に呼吸が浅い状態ですね

メンタル系で悩んでおられる方のほとんどが

姿勢がわるく、俯いている状態で目線も下。

身体の強張りも強いので、呼吸も浅い。

ですので、

  • 息がし辛い
  • 動機
  • 疲れやすい
  • ため息
  • 身体のだるさ
  • 身体が重い
  • やる気がでない

などの症状が出てくるのです。

こんな時はお薬で!

なおりませんよね!お薬では。

姿勢がつくりだす筋肉の強張り、筋緊張が「息がしにくい」「呼吸が浅い」状態を作っているのです。

先生がうつと言ったから

心療内科で

「あなたは「うつ」なので、お薬で施術いていきましょう。これは病気なので、お薬で治ります。

少しずつお薬を軽くしながら経過を見て行きましょう」

とお話してくれます。

そこで、初めて「自分が鬱なんだ」と自覚するのです。

当院にこられる患者様で「鬱」と診断されたと言われる方もおられます。

当院に来れた段階で鬱では無いですよ!とお伝えします。

これらの患者様に共通するのが、

「病院の先生にうつと言われたから、自分がうつなんだと思うようになった」と言われます。

当院はメンタル施術系の院ではございませんが

当院に自分の足で来られている方で、抗うつ薬などを服用されている方には、こうお話させて頂きます。

「あなたは鬱ではありません。」

当院の施術でもっと呼吸がしやすい、もっと身体が楽な状態になることが出来ます。

呼吸がしにくいなと感じる方も、是非ご相談下さい。

 

❏初めての方はこちらを御覧ください

topbana1

ご予約はこちら

お電話でのご予約

❏当院は予約制です。
❏施術中はお電話に出れませんので留守番電話にメッセージをお願いします。

LINEでのご予約お問い合わせ

❏LINEでのお問いわせは24時間対応しております!

お問い合わせフォームからご予約お問い合わせ

❏メールでも24時間お問い合わせ可能です!

お店の場所はこちら

❏お店の場所はこちらを御覧ください! MAPLOGO

施術料金はこちら

当院では保険は使えません。実費治療となります。 「健康保険が使えるマッサージ店」をお探しでしたら他をあたって下さい。

参考になりましたらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

井上 和憲

香川県三豊市ゆったり整体院フィールの院長をしています井上です。どこでも改善しない腰痛や肩こり、坐骨神経痛、スポーツ障害、身体の様々な症状の改善専門の整体院です。無痛の骨盤調整とKen Yamamotoテクニック、定電流治療器を中心とした バキボキしない身体に優しいゆったりとした整体で、痛みが再発しにくい 健康的な身体に生まれ変わりませんか?