【デパス飲みすぎ注意!】更年期障害は薬をのまなくても改善する!

 

来院される多くの患者様が薬を服用

当院に来院される肩こりや腰痛の患者様の多くが、薬を服用している。

それは、鎮痛剤であったり、血圧の薬であったり、花粉症の薬であったりします。

その中でも、抗安定剤・抗不安薬、抗うつ薬を処方されて服用されておられる方がいらっしゃいます。

服用する理由は?

服用している理由で一番多いのが、「更年期障害だから」と言われるのです。

誰に更年期障害と言われたのか?と聞くと、心療内科の先生と言うのです。

では、更年期障害ってなんなんでしょうか?

更年期障害の症状

女性の場合
自律神経失調症様の症状、脈が速くなる(頻脈)、動悸がする、血圧が激しく上下する、腹痛、微熱、そのほか女性の場合はホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)、多汗、頭痛、めまい、耳鳴り、肩こり、不眠、疲労感、口の渇き、のどのつかえ、息切れ、下痢、便秘、腰痛、しびれ、知覚過敏、関節痛、筋肉痛、性交痛、生理不順など。男性の場合は勃起不全(ED)といった生殖器症状が出現する。
精神症状
ヒステリー情緒不安定やイライラ、抑うつ気分など精神的な症状が現れることも多い。
いずれも心身症の様相を呈することが多く、症状の強弱には精神的要素が大きくかかわってくる。

出典:wikipedia

更年期障害の原因は?

女性は閉経期前後になると卵巣機能が低下し、卵巣から分泌される女性ホルモンの一つである卵胞ホルモン(エストロゲン)の量が減少することにより起こる。

とあります。

先日来院された40代の女性は、更年期になりかけていると言うことで、薬を処方された方もいらっしゃいます。

デパスという薬を服用されている患者様

ダウンロード (1)

デパスは、おだやかな作用の心の安定薬です。不安や緊張感をやわらげ、気持ちを落ち着かせます。神経症やうつ病など精神的な不具合にはもちろん、心身症のような体の不調が前面にでる病気にも使われます。

出典:薬NAVI

抗不安目的や睡眠導入目的で服用されたのですが、きっかけは心療内科のお医者様の「更年期の入り口にいるので、今のうちに薬を飲みましょう」でした。

「更年期の入り口ってなになんでしょうか?」

<デパスには副作用があります>

  • 悪性症候群
  • 高熱
  • 筋硬直
  • ふるえ
  • 発汗
  • 頻脈
  • よだれ
  • 意識障害
  • 骨格筋障害

この他にもけいれん、不眠、失禁、ねむけ、めまい、ふらつき、頭痛、まぶしい、眼が乾く、眼のかゆみ・かすみ、があります。

まとめ

心療内科は、精神科です。呼び方が違えど、内容は同じ。

上記のような症状は、骨盤の歪み・姿勢の悪さでも説明が付くのです。

【保存版】更年期障害の外来:病院:お薬:サプリメントをお探しの方へ。香川県心療内科精神科

この動画を御覧ください。
長いですが、きっとお薬を飲むのが怖くなるはず。

お薬(抗安定剤・抗不安薬、抗うつ薬)は、根本改善など到底出来ないものであると。

 

 

❏初めての方はこちらを御覧ください

topbana1

ご予約はこちら

お電話でのご予約

❏当院は予約制です。
❏施術中はお電話に出れませんので留守番電話にメッセージをお願いします。

LINEでのご予約お問い合わせ

❏LINEでのお問いわせは24時間対応しております!

お問い合わせフォームからご予約お問い合わせ

❏メールでも24時間お問い合わせ可能です!

お店の場所はこちら

❏お店の場所はこちらを御覧ください! MAPLOGO

施術料金はこちら

当院では保険は使えません。実費治療となります。 「健康保険が使えるマッサージ店」をお探しでしたら他をあたって下さい。

参考になりましたらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

井上 和憲

香川県三豊市ゆったり整体院フィールの院長をしています井上です。どこでも改善しない腰痛や肩こり、坐骨神経痛、スポーツ障害、身体の様々な症状の改善専門の整体院です。無痛の骨盤調整とKen Yamamotoテクニック、定電流治療器を中心とした バキボキしない身体に優しいゆったりとした整体で、痛みが再発しにくい 健康的な身体に生まれ変わりませんか?