ゴルフスイングで肘から肩にかけて痛み▶原因はふくらはぎ

 

ゴルフスイングの時の肘から肩に痛み

20130311_083948_Struve_0138

ゴルフのバックスイング時に肘から肩にかけての痛みのある方が来院

ゴルフのバックスイングで右の肘、右の肩に痛みがありました。

2週間に1回はゴルフにいかれるゴルフのお好きな方。

しかし先週末のラウンドは痛みが酷くてゴルフにならなかったそうで、非常に悔しい思いをしたそうでした。

ゴルフでは身体のバランスを非常に大事にします

IMG_4433

野球と違い、静止したボールを打つわけですが、コレを毎回同じように打たなければいけない。

ちょっとしたことで、正しく飛ばないのです。

1日練習で何百と打ち込んでいるプロでさえ、曲がるわけですからその難しさは相当なのです。

某高校のゴルフ部の生徒さんの身体を何人も見たことがありますが、彼らも毎日何百と球を打っています。

良い球も打てれば、悪い時もある。

悪ければ、様々な事を考えます。

  • テイクバックの位置
  • スイング軌道
  • リズム
  • 身体の捻転
  • 足の使い方
  • グリッププレッシャー
  • スタンス
  • 球との距離

まだまだあると思いますが、様々な自分のチェック項目で自らのスイングを分析し、ああでもない・こうでもないといろいろ考え始めるのです。

コレにその場の緊張感やメンタル力も加われば更に考えることが増えるのです。

いろいろ変更し始めると、イップスになることもあるのです。

自分の身体の状態を見極める

その高校生はプロを目指して練習しているので、その子達にアドバイスとして伝えたのは、

筋肉の緊張があれば、関節可動域が制限されるため、思っているスイングが出来ていない

スイングばかり気にしてしまうために、自分の身体の変化に気づいていない事が多いのです。

ウォーミングアップも様々で、本来自分が持っている最大限の可動域をだせる状態に無いことが多いのです。

それどころか、身体に痛みを感じている子もいるのです。

特に押して痛い筋肉は、強張り収縮しています。

コレがあるということは、100%の可動域では無いのです。

Goodショットが打てていた身体の状態と、思った球が打てない今では、スイングではなくて身体の状態が違うのです。

良いスイングをするには、自分の身体の状態を見極める事も重要になってくるのです。

この方の施術はというと

腰から下がガチガチで特にふくらはぎが悶絶するくらいにガチガチでした。

肘から肩が痛いということでしたが、ふくらはぎが緩んだら85%は痛みが消失。

あとは、少し別のところを調整してすべて痛みは消失。

後は姿勢を正す宿題を一生懸命してもらうようにお話しました。

ゴルフは内側の筋肉を使うこと

プロゴルファー 坂田 信弘

僕も頭ではわかっているんですが、なかなか体がついて来ないです(^^ゞ

 

❏初めての方はこちらを御覧ください

topbana1

ご予約はこちら

お電話でのご予約

❏当院は予約制です。
❏施術中はお電話に出れませんので留守番電話にメッセージをお願いします。

LINEでのご予約お問い合わせ

❏LINEでのお問いわせは24時間対応しております!

お問い合わせフォームからご予約お問い合わせ

❏メールでも24時間お問い合わせ可能です!

お店の場所はこちら

❏お店の場所はこちらを御覧ください! MAPLOGO

施術料金はこちら

当院では保険は使えません。実費治療となります。 「健康保険が使えるマッサージ店」をお探しでしたら他をあたって下さい。

参考になりましたらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA