香川県で自律神経の乱れ自律神経失調症を治療してくれる整体院をお探しの方へ

 

もしあなたが自律神経が乱れていると言われたり自律神経失調症と病院で診断をされたり自己判断されておられるのであればぜひこの記事を最後までお読みください。

自律神経とは?

自律神経は、循環器、消化器、呼吸器などの活動を調整するために、24時間働き続けている神経です。 体の活動時や昼間に活発になる交感神経と、安静時や夜に活発になる副交感神経があります。 その2つのバランスをそこなうのが「自律神経の乱れ」です。

その自律神経の乱れは何によって判断されるのか?

自律神経失調症といわれる主な症状

頭痛、偏頭痛
耳鳴り、耳の閉塞感
のど のどの異物感(何かが喉に詰まっている感じ)、のどの圧迫感、のどのイガイガ感、のどのつまり
心臓・血管系 動悸、胸部圧迫感、めまい、ふらつき、立ちくらみ、のぼせ、冷え、
呼吸器 息苦しい、息がつまる、息ができない、息がしにくい、酸欠感、息切れ
消化器 食道のつかえ、胃酸の逆流、異物感、吐き気、腹部膨満感、下腹部の張り、腹鳴、胃の不快感、便秘、下痢、ガスがたまる
手のしびれ、手の痛み、手の冷え
皮膚 多汗、汗が出ない、冷や汗、皮膚の乾燥、皮膚のかゆみ
生殖器 生理不順、月経異常、生理痛
筋肉・関節 肩こり、筋肉の痛み、関節のいたみ、関節のだるさ、力が入らない
全身症状 倦怠感、疲れやすい、めまい、微熱、フラフラする、ほてり、食欲がない、眠れない、すぐ目が覚める、起きるのがつらい
精神症状 不安になる、恐怖心におそわれる、イライラする、落ち込む、怒りっぽくなる、集中力がない、やる気がでない、ささいなことが気になる、記憶力や注意力が低下する、すぐ悲しくなる

これらに当てはまる方は、自律神経失調症と診断されるのです。

そうでしょうか?この項目を見て、まあまあ当てはまるものが結構ありませんか?

病院でドクターからあなたは『自律神経失調症です!』と診断されるとそうでなくても自分は自律神経失調症だと思ってしまうものです。

これら上記の症状自律神経失調症でなくてもこのような症状が出るのです。

姿勢が悪い

完全に姿勢が悪いとは言いませんが上記のような症状が出ている方に姿勢が悪い方が非常に多いのです。

猫背が作り出す身体の緊張は非常に身体に負担をかけます。

頭は身体の8%〜10%の重さがあります。

50kgの方の頭の重さは5kgもあります。

bo-rinng

ボーリングの球をおでこの前で持っているような状態にあるのです。

1日のなかで姿勢を意識している時間はどのくらいありますか?

 

殆どの方が起きている間中このようにボーリングの球をおでこの前で持っているような状態にあるのです。

身体の緊張が起こす様々な症状

姿勢が悪いため身体は非常に緊張している状態にあり、またその緊張は自分の意識していないところで起きています。

まずここで起きてくるのが▶肩こり、筋肉の痛み、関節のいたみ、関節のだるさ

身体の緊張感は、睡眠障害も起こしてしまいます。

ここで起きてくるのが▶眠れない、すぐ目が覚める、起きるのがつらい

このボーリングの球を持っている手・腕これは人間の首に相当します。

ボーリングを朝から夜中まで持っている腕はプルプル震えるでしょう。しかしボーリングの球を下ろすことは出来ないのです。朝から晩までぐっと力が入った状態で身体の中心から前で頭を支えていおるのです。

この首が緊張するために起きてくるのが▶頭痛、偏頭痛、めまい、微熱、フラフラする、耳鳴り、耳の閉塞感、立ちくらみ、のぼせ

猫背と呼吸補助筋の筋緊張は胸郭を圧迫するような状態にあります。そのため非常に呼吸に影響を及ぼします。

呼吸補助筋の緊張によって▶息苦しい、息がつまる、息ができない、息がしにくい、酸欠感、息切れ、ほてり、動悸、胸部圧迫感、

呼吸が十分に出来ないということは血液を身体に十分に送れないということになります。酸素は肺で血液の中に入り身体の末端まで送られます。その時細胞が活性化するため疲れがとれ、傷が治癒するのです。

ですから呼吸が浅いことで起きてくるのが▶倦怠感、疲れやすい、力が入りにくい、食欲がない

猫背は肩が巻き込まれている状態です。巻き肩になることで頸部の関連筋肉・筋膜の緊張・腋窩神経の圧迫により血液やリンパが流れにくい状態にもなります。

起きてくるのが▶手のしびれ、手の痛み、手の冷え

甘いモノが好きではありませんか?

多くの自律神経失調や更年期障害と診断を受けている方に甘いモノが好きな方が多いのです。

ここでは『糖質』が身体に非常に悪影響を与えているのです。

糖質は血液中のブドウ糖の濃度「血糖値」を上昇させます。膵臓から出るインスリンでその血糖値を下げようとする働きが起きます。

この血糖値の急激な上昇は気分や感情の起伏を作るのです。

糖質をとることで▶不安になる、恐怖心におそわれる、イライラする、落ち込む、怒りっぽくなる、集中力がない、やる気がでない、ささいなことが気になる、記憶力や注意力が低下する、すぐ悲しくなる

糖質は腸内の悪玉菌を増やします。腸内環境が悪くなるということは便通障害にもつながりまた腸内は皮膚とも非常に密接な関係にあるためお肌のトラブルも招きます。

悪玉菌が増えると▶腹部膨満感、下腹部の張り、腹鳴、便秘、下痢、ガスがたまる、多汗、汗が出ない、冷や汗、皮膚の乾燥、皮膚のかゆみ

糖質は胃にも負担をかけ消化をしにくくする働きがあります。胃に負担がかかることで右の背中が痛いと感じる方もおられます。

胃にも負担をかける▶食道のつかえ、胃酸の逆流、異物感、吐き気、胃の不快感

糖質は胃を下垂させてしまう働きもあります。

胃アトニー

この下垂は、骨盤内にある子宮や卵巣を上部から圧迫し血行障害をおこします。

特に女性は注意▶生理不順、月経異常、生理痛

当院での自律神経失調症の考え

当院での自律神経失調症の考えは、『筋筋膜の緊張をとり姿勢をただし、食生活を見直すことで改善できる』というものです。

どうでしょう、自律神経失調症って目に見えないですよね。診断してくださるお医者様によって大きくその判断が変わると思いませんか?

上記で表したように一言で自律神経失調症と言っても姿勢や食生活で上記のような説明がつくものばかりなのです。

そしてこのように説明しているのも当院で『筋筋膜の緊張をとり姿勢をただし、食生活を見直すことで』改善されている方がおられるからなのです。

自律神経整体や自律神経を専門に扱う施術院に行き、気の施術やチャクラ等の施術、スペシフィックカイロプラクティックの施術を受けてを改善されていない方が当院に多く来院され、その身体の変化を喜んでおられます。

首の施術も非常に重要であると考えますが、それ以前に身体が異常に緊張しているのでそこを改善させなければ、ただ首だけを調整するだけでは改善しません。

当院では筋筋膜の施術を行っています

痛みのある場所を離れた部位を調整することで痛みを消失させることが出来ます。

特に首も足の緊張をとることで痛みをとることが出来ます。

首が痛いからといって首だけを触っていても改善しないのです。

更に当院では首前面の筋緊張をとることが出来ます

pcj_0305_00003933_102000_large_17062011101640

当院の微弱電流施術器により通常手で緩めることの出来ない首の前面、喉の部分の筋緊張をとることが出来ます。

これにより▶のどの異物感(何かが喉に詰まっている感じ)、のどの圧迫感、のどのイガイガ感、のどのつまり

上記のような症状も改善しています。

まとめ

自律神経失調症はお薬を飲まないでも十分に改善できる症状なのです。

もしあなたが薬は嫌だと感じこの記事をみてご納得いただけましたら、そのつらい症状を僕に診させてください。

一生懸命 誠心誠意改善に取り組ませて頂きます。

 

 

 

❏初めての方はこちらを御覧ください

topbana1

ご予約はこちら

お電話でのご予約

❏当院は予約制です。
❏施術中はお電話に出れませんので留守番電話にメッセージをお願いします。

LINEでのご予約お問い合わせ

❏LINEでのお問いわせは24時間対応しております!

お問い合わせフォームからご予約お問い合わせ

❏メールでも24時間お問い合わせ可能です!

お店の場所はこちら

❏お店の場所はこちらを御覧ください! MAPLOGO

施術料金はこちら

当院では保険は使えません。実費治療となります。 「健康保険が使えるマッサージ店」をお探しでしたら他をあたって下さい。

参考になりましたらシェアお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

井上 和憲

香川県三豊市ゆったり整体院フィールの院長をしています井上です。どこでも改善しない腰痛や肩こり、坐骨神経痛、スポーツ障害、身体の様々な症状の改善専門の整体院です。無痛の骨盤調整とKen Yamamotoテクニック、定電流治療器を中心とした バキボキしない身体に優しいゆったりとした整体で、痛みが再発しにくい 健康的な身体に生まれ変わりませんか?