おしりが痛い!立っても座っても!

立った時も座った時もおしりが痛い!これはなに??

臀筋2

おしりのこの辺が痛いのであれば、それは梨状筋症候群かもしれません。

梨状筋症候群

梨状筋

梨状筋は、骨盤の中心に位置する三角形の仙骨と大腿骨の付け根の大転子とをつなぐ深層筋です。この梨状筋が原因で臀部に起こる鈍痛を梨状筋症候群といわれるものです。

この梨状筋は座骨神経痛を深く関係しています

rijyouki

座骨神経はこの梨状筋の下を通過しているためこの筋肉の伸張緊張などが座骨神経になんらかの影響をあたえていると言われています。

梨状筋症候群の原因

  1. 梨状筋または付近の筋膜痛
  2. 梨状筋による神経、血管の圧迫
  3. 仙腸関節・股関節の稼働制限痛

これらは日常の生活の姿勢や座り方などが大きく関係しています

  • 反り腰
  • 内股歩き
  • 女の子座り
  • 足を組んで座る
  • かかと重心で立つ
  • どちらか片方に体重をかけて立つ(休めの姿勢)
  • 長時間の座り仕事(腰の長時間の屈曲)
  • 猫背
  • 片膝を立てて座る
  • 横すわり

主に股関節の内旋・内転が長時間 継続的に行なわれることで起こりやすい

座骨神経の走行には4パターンある

座骨神経LINE

坐骨神経が骨盤からの走行ラインは4パターンあります。

①全ての坐骨神経が梨状筋の前を通る(85%)

②総腓骨神経が梨状筋を貫通し、脛骨神経が梨状筋の前を通る(10%)

③総腓骨神経が梨状筋の後を通り、脛骨神経が梨状筋の前を通る(3%)

④坐骨神経が神経幹として梨状筋を貫通する(1%)

当院に来院される患者様の坐骨神経痛の多くはこの梨状筋が関係しています。

ただその中でも数%の方が改善しても痛みが再発する原因にこのような神経の走行ラインが①のようになっていない場合があります。

梨状筋症候群を改善するために

梨状筋症候群を改善するためには、「お住まいの地域名+KENYAMAMOTOテクニック」と検索して出てくる施術院に相談してみてください。

当院でもKEN YAMAMOTOメソッドを行っておりますが、梨状筋症候群には非常に改善効果の高いメソッドだと思っております。

RIJYOUKIN

 

 

 

❏初めての方はこちらを御覧ください

topbana1

ご予約はこちら

お電話でのご予約

❏当院は予約制です。
❏施術中はお電話に出れませんので留守番電話にメッセージをお願いします。

LINEでのご予約お問い合わせ

❏LINEでのお問いわせは24時間対応しております!

お問い合わせフォームからご予約お問い合わせ

❏メールでも24時間お問い合わせ可能です!

お店の場所はこちら

❏お店の場所はこちらを御覧ください! MAPLOGO

施術料金はこちら

当院では保険は使えません。実費治療となります。 「健康保険が使えるマッサージ店」をお探しでしたら他をあたって下さい。

参考になりましたらシェアお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

香川県三豊市ゆったり整体院フィールの院長をしています井上です。どこでも改善しない腰痛や肩こり、坐骨神経痛、スポーツ障害、身体の様々な症状の改善専門の整体院です。無痛の骨盤調整とKen Yamamotoテクニック、定電流治療器を中心とした バキボキしない身体に優しいゆったりとした整体で、痛みが再発しにくい 健康的な身体に生まれ変わりませんか?