コレステロール数値が高いのは、 実は良いこと??

 

高コレステロール血症とは

血液中に存在している脂質には、コレステロール、中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸の4種類があります。
これらが血液中に正常値より増えた場合を、高脂血症といいます。
一般に、高脂血症というと、高コレステロール血症と高中性脂肪血症、さらにはこの2つが混在しているものがあります。そのうち、コレステロール値が高くなった場合が高コレステロール血症です。
一般社団法人 日本健康倶楽部参照

cholesterol-word-cloud

高コレステロールが恐れられているのは?

コレステロールの高い状態が続くと、動脈硬化が進み、血管が狭くなってきます。
しかし血管が75%まで狭まるまでは、なんとか100%の血液が流れます。
したがって、胸の痛みや階段の上り下りでの息切れ、頭痛、めまいなどの自覚症状が出たときには、血管は75%以上が詰まった状態になっているのです。
そして心臓の冠動脈で動脈硬化が進行すると、狭心症・心筋梗塞などが、脳動脈の硬化では脳梗塞などになってしまうのです。検査結果でコレステロール値が高い方は、早めに医療機関を訪れ、食事療法や運動療法などの指導を受けることが大切です。
一般社団法人 日本健康倶楽部参照

とありますが・・・・

近年の研究結果でコレステロールが高いのは、実は良いこと・・?

しかし近年の研究結果でコレステロールが高いのは、実は良いことだと発表があったそうです

専門家から高脂肪食は体に悪いと伝えられました。

近年、数多くの専門家は心臓病などの多くの疾患の根本の原因はコレステロールではなく「炎症」によるものだと発表しています。

注意すべきものは何がコレステロールを上げるかではなく、何が「炎症」を起こすかになります。

炎症の犯人こそがトランス脂肪酸と糖質です。

食生活ではコレステロールを気にするよりも、炎症を起こしにくくする食生活を心がけましょう。

コレステロールが体に悪いと言われてきて、コレステロールを抑える薬を飲まされている方が非常に多いのも問診でいつも気にかかるとこです。

こちらも御覧ください。

非常に怖いトランス脂肪酸!!トランス脂肪酸が含まれる食べ物は??

糖質も気をつけなければいけません。

左側の肩こり・膝痛み・座骨神経痛の方、糖分・糖質取りすぎてないですか?

 

 

❏初めての方はこちらを御覧ください

topbana1

ご予約はこちら

お電話でのご予約

❏当院は予約制です。
❏施術中はお電話に出れませんので留守番電話にメッセージをお願いします。

LINEでのご予約お問い合わせ

❏LINEでのお問いわせは24時間対応しております!

お問い合わせフォームからご予約お問い合わせ

❏メールでも24時間お問い合わせ可能です!

お店の場所はこちら

❏お店の場所はこちらを御覧ください! MAPLOGO

施術料金はこちら

当院では保険は使えません。実費治療となります。 「健康保険が使えるマッサージ店」をお探しでしたら他をあたって下さい。

参考になりましたらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

井上 和憲

香川県三豊市ゆったり整体院フィールの院長をしています井上です。どこでも改善しない腰痛や肩こり、坐骨神経痛、スポーツ障害、身体の様々な症状の改善専門の整体院です。無痛の骨盤調整とKen Yamamotoテクニック、定電流治療器を中心とした バキボキしない身体に優しいゆったりとした整体で、痛みが再発しにくい 健康的な身体に生まれ変わりませんか?