整形外科で坐骨神経痛の手術をした→痺れがとれない→痛みが取れたからOK?

 

整形外科で坐骨神経痛の手術をした→痺れがとれない→痛みが取れたからOK?

坐骨神経痛の手術を15年前に行った香川県高松市にお住まいの方が来院。

元々は30年前に痛みが出始め、いろいろな施術院に行くがドンドンひどくなり結局15年前に脊柱管狭窄症の手術をしたそうです。
酷かった痛みは、消えましたがピリピリしびれる感じは残ったそうです。しかし整形外科の先生はレントゲン片手に「手術は成功です。これ、綺麗に神経の圧迫がなくなっているでしょう!」と話したそうです。

そして

「痛みが取れたら十分でしょ!痛みもとれない人もいるんだから、良しとしませんか?しびれはそのうちなくなりますよ」と話したそうです。
その時は痛みがなくなったので、良かったと思ったそうですが、その後15年間も常に続く足のピリピリ感にひどくまいっているそうです。

やはりこの方も骨盤の歪みがある

かなりの歪みがありました。

IMG_8386

骨盤の歪みがあると、足の長さがこんなに違う人もいます。
片方で下駄を履いて片方でスリッパを履いている様な状態です。
そのような状態で、もう何十年も歩き続け股関節はガチガチ、膝も痛みが出始めている様な状態です。

歪みと股関節や臀部を緩めていくと、痛みの可動域に変化が出始めた。先ほどまで痺れの出ていたところが出なくなった。

腰の張りや痛みもなくなってきた。
更に当院オリジナルの施術を施すと仰向けの状態でのシビレは無くなった。

立位での検査

さっきよりも足が楽に上がる!
ハムストリングのつっぱりも無い。

前屈・後屈でのシビレもなくなっていた。

ただ、なにか少しおかしい。

長期間のシビレは残像感を残す

シビレはもう30年前からある。

しびれているのかシビレていないのかの微妙な感じがあるのか無いのかがわからないとおっしゃっていた。

しょうがないですよね30年間もしびれているとシビレの残像感がありますので。

でも、明らかに以前よりは違う可動域とつっぱり感のなさはお褒めのお言葉を頂いた。

シビレが出ないストレッチをお出しし、また来週確認させてもらう事で本日は終了。

骨が神経を圧迫・・・・

しきりに、骨が神経を圧迫しているから・・・と言われていたが、今回の施術で、骨の神経圧迫を取り除いたわけではありませんので、痛みの原因は骨にはなかつたことになります。
なので、手術を行う前に、一度軽減するのかしないのかを確認しないと、今回のように手術をしても100%改善しないのです。

こちらもお読みください。

【衝撃】坐骨神経痛の手術で完全に痛みやシビレがなくなる確率

 

❏初めての方はこちらを御覧ください

topbana1

ご予約はこちら

お電話でのご予約

❏当院は予約制です。
❏施術中はお電話に出れませんので留守番電話にメッセージをお願いします。

LINEでのご予約お問い合わせ

❏LINEでのお問いわせは24時間対応しております!

お問い合わせフォームからご予約お問い合わせ

❏メールでも24時間お問い合わせ可能です!

お店の場所はこちら

❏お店の場所はこちらを御覧ください! MAPLOGO

施術料金はこちら

当院では保険は使えません。実費治療となります。 「健康保険が使えるマッサージ店」をお探しでしたら他をあたって下さい。

参考になりましたらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

井上 和憲

香川県三豊市ゆったり整体院フィールの院長をしています井上です。どこでも改善しない腰痛や肩こり、坐骨神経痛、スポーツ障害、身体の様々な症状の改善専門の整体院です。無痛の骨盤調整とKen Yamamotoテクニック、定電流治療器を中心とした バキボキしない身体に優しいゆったりとした整体で、痛みが再発しにくい 健康的な身体に生まれ変わりませんか?