右の股関節痛 痛くて非常に歩きにくい

整形外科にはもう行っても何も変わらない

3年前から両膝の痛みでお悩みのこの方は、膝の痛みに悩まされていた。

医者
今は手術をするほどでは無いので、リハビリで良くしていきましょう

そう言われ1年間は、ほぼ毎日病院に通いリハビリを続けた。

手術をしたくないので我慢して1年間ほぼ毎日リハビリに通った

1年間毎日リハビリしたのに徐々に痛みは酷くなった。

医者
だいぶひどくなっているので手術して人口関節にしましょうか?

先生の言われる通りリハビリした結果言われた言葉がコレでした。

膝の骨は軟骨がすり減っている状態とのこと。

それ以来その病院には行っていないとのこと。

今度は右の股関節が痛くなる

膝が痛いので歩き方も変。

次第に右の股関節が痛くなった。

病院に行ってリハビリをしてもなにも変わらないと言うのはわかっていたので今回は整体に行くことにした。

股関節や膝の骨が痛いのだが、原因は別なところにあった

骨がどうのこうのという問題ではなかった

お医者様は、ひざの骨が原因で痛みが出ているとのことだった。

でも考えてみてください。

リハビリで行っていたのは、電気施術、温めるということと湿布。

これって骨の問題を改善しているとは言えないですよね。

医者
筋肉が無いから痛くなる!筋肉をつけなさい!

骨が問題なのに筋肉をつけなさいというお医者様

コレでは治るものも治らないです。

膝の痛み

筋肉が無いからでは無く、 筋肉に異常があるから、 動かしにくいといった 関節可動域制限が起きていて 痛いのです。

今回の右の股関節痛の施術では

今回時間がなく右の膝と股関節の関連筋肉をゆるめていった。

骨をバキボキ施術したわけでは無い。

1時間後 痛くて歩けなかった股関節の痛みは消え、また痛かった膝も今は痛くないとのこと。

今回は股関節を診て欲しいということだった。

膝の痛みはもう諦めていた。

1年間リハビリして酷くなった膝が今痛くないのが不思議でしょうがない様子だった。

股関節の痛みに対して言われる事

股関節痛を整形外科で診てもらうとレントゲンを撮り

医者
股関節の軟骨がすり減っています
医者
大転子と骨盤の間がせまい

このような事を言われる場合があります。

末期の状態の股関節でない限り股関節部の関連筋肉や靭帯の状態が悪いのが原因。

骨が原因では無い事が多いのです。

当院ではオリジナル手技でこの股関節部の痛みを改善する手技を行っております。

すべての患者様を完全に治すとはいかないかも知れませんが、可動域を増やしたり今よりも動きやすい状態に少しでも出来るはずだと考えておりますので、お困りの方は是非ご相談くださいませ。

 

 

❏初めての方はこちらを御覧ください

topbana1

ご予約はこちら

お電話でのご予約

❏当院は予約制です。
❏施術中はお電話に出れませんので留守番電話にメッセージをお願いします。

LINEでのご予約お問い合わせ

❏LINEでのお問いわせは24時間対応しております!

お問い合わせフォームからご予約お問い合わせ

❏メールでも24時間お問い合わせ可能です!

お店の場所はこちら

❏お店の場所はこちらを御覧ください! MAPLOGO

施術料金はこちら

当院では保険は使えません。実費治療となります。 「健康保険が使えるマッサージ店」をお探しでしたら他をあたって下さい。

参考になりましたらシェアお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

井上 和憲

香川県三豊市ゆったり整体院フィールの院長をしています井上です。どこでも改善しない腰痛や肩こり、坐骨神経痛、スポーツ障害、身体の様々な症状の改善専門の整体院です。無痛の骨盤調整とKen Yamamotoテクニック、定電流治療器を中心とした バキボキしない身体に優しいゆったりとした整体で、痛みが再発しにくい 健康的な身体に生まれ変わりませんか?