整形外科で3ヶ月間ほぼ毎日リハビリしたが、全く変わらない腰痛がどうして1回の施術で改善したのか?

 

通院している病院では改善しなかった

10年前からの腰痛で、3ヶ月前から痛みがひどく、臀部から膝迄と足先に痺れあり。

整形外科でレントゲンMRIをとってもらったが、骨には異常があまりみられない

薬をもらい、「腹筋と背筋を鍛えるように」と言われる。

それでも痛みと痺れが治らなので、リハビリで通院し電気をあてるのと、腰の牽引をおこなってもらう事を3ヶ月つづけた。

痺れが増している!

どうして整形外科でリハビリ施術を受けて痛みが増したのでしょうか?

よく言われる「腹筋と背筋を鍛えるように」で腰痛はなおるのでしょうか?

腹筋と背筋がないから腰痛になったのでしょうか?

この方は65歳女性。めちゃくちゃ筋肉があるともいえませんが、この腹筋と背筋がないので腰痛になるというのは何の根拠もないデタラメなのです。

手技療法家はみんな知っていることなのです。

痛みを出す筋肉の特徴は、筋力が少ないために出るのではなく主に短縮してこわばっている筋肉が痛みを出すためであり、筋力低下が痛みをおこすというものではありません。

当院ではこの縮んだ原因筋を特定し弛緩させ痛みの出ない状態にしていきます。

筋肉は

 

腰を牽引するのがいいのでしょうか?

今時はもう少しマシなアドバイスをされると思っていたのですが、まだこのような事を言われるのにびっくりです。

人間は地球上で重力の中で生活しています。上からの荷重には耐えられる身体の構造になっています。

元に骨盤は上からの荷重によってしっかりと締まる構造になっていますが、この牽引のように上方に引っ張られると身体の構造上不具合が起きます。

特に骨盤は仙腸関節の離開を招き、ぎっくり腰の様な抜けるような腰の痛みとなります。

痛いところや痺れがあるところを揉んでも意味がない

痛みのある部分や痺れがある部分が痛みの原因ではありません。

特に「ロングトラクトサイン」といったことでも言われるように頚椎と下肢への痺れの関係は存在し首肩の筋筋膜の状態が臀部や太もも裏に痺れを出すことが全体の4割の方が関係しています。

ですので、痛みのある部分をサービスマッサージ程度にもんだだけでは意味がないのです。

当院での施術後

患者様は、当院の説明と施術をうけて「3ヶ月僕は病院に通い何をされていたんですかね?」って言われました。

こういった症状や病院の対応で悩んでおられる方は沢山おられるのではないでしょうか?

本当に悩んでおられる方にこういう現実があることを知ってもらいたい

 

 

 

❏初めての方はこちらを御覧ください

topbana1

ご予約はこちら

お電話でのご予約

❏当院は予約制です。
❏施術中はお電話に出れませんので留守番電話にメッセージをお願いします。

LINEでのご予約お問い合わせ

❏LINEでのお問いわせは24時間対応しております!

お問い合わせフォームからご予約お問い合わせ

❏メールでも24時間お問い合わせ可能です!

お店の場所はこちら

❏お店の場所はこちらを御覧ください! MAPLOGO

施術料金はこちら

当院では保険は使えません。実費治療となります。 「健康保険が使えるマッサージ店」をお探しでしたら他をあたって下さい。

参考になりましたらシェアお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

井上 和憲

香川県三豊市ゆったり整体院フィールの院長をしています井上です。どこでも改善しない腰痛や肩こり、坐骨神経痛、スポーツ障害、身体の様々な症状の改善専門の整体院です。無痛の骨盤調整とKen Yamamotoテクニック、定電流治療器を中心とした バキボキしない身体に優しいゆったりとした整体で、痛みが再発しにくい 健康的な身体に生まれ変わりませんか?